研修作物

研修作物

希望の作物としては、ビニールハウスで作る作物をメインに、柑橘やゴマなど。といっても時期もありますし、いろいろ学びたいので、とりあえず何でもやってみる事にしました。

まずは、4月頃まで農協さんに安定して出荷できるブロッコリーとかぼちゃ。
4月頃までにブロッコリーとかぼちゃは収穫を終え、夏以降収穫のゴマにシフトです。
そしてハウスではけらじ屋でも取り扱うパッションフルーツ。こちらは当面、最も力を入れたい作物です。

ブロッコリー

初めて取り掛かった作物です。まだ強烈な暑さが残っていた9月頃からビニールハウスの中で種まきを行い、炎天下のなか植え付けを行ったので、とにかくきつく、苦しかったイメージがあります。植えつけの日の夜は発熱。軽い熱中症だったのだと思います・・・。農業の厳しさを思い知らされました。
ここ十数年間、冷房の効いた場所で仕事をしてきた体にはこたえました・・。
それでも収穫までは比較的スムーズにいって、はじめての収穫の喜びを味わいました。

カボチャ

ブロッコリーと合わせてカボチャの栽培も始めます。
マルチを引いてからの植え付け、芽かき、誘引、交配、風・害虫・病気対策と、収穫までの期間、とにかく管理作業におわれてました。
1回目の収穫を終えて、この作物は本当に1玉1玉大切に育てなければいけない事を実感。最初はその作業量にとまどいましたが、後半は、その管理作業が少しずつ楽しめるようになってきました。

パッションフルーツ

9月から研修をスタートし、11月の中頃、待ちに待ったパッションフルーツの植え付け。翌年6月頃の収穫開始まで、どのように成長していくのか楽しみです。皆様に美味しいパッションフルーツをお届けできるように、管理作業、頑張ります!